環境

環境機器の貸し出し

担当:環境政策課(Tel 059-382-9014 Fax 059-382-2214)

ここから本文です。

 鈴鹿市では、市民や事業者の方が行う、環境保全活動や環境教育を支援するために環境保全に関する機器(以下「環境機器」といいます)の貸し出しを行っています。

 ただし、貸し出しできる環境機器の個数には限りがあります。事前に電話で在庫を確認の上で、お越しください。

環境機器一覧表

左右にフリックすると表がスライドします。

環境機器貸出料貸出期間
精密騒音計
本体寸法(高さ×横幅×奥行)
(約6cm×8cm×30cm)

電源 単3乾電池4本
写真:精密騒音計 無料 7日
振動計
本体寸法(高さ×横幅×奥行)
(約6.6cm×20cm×17.5cm)

電源 単2乾電池4本
写真:振動計 無料 7日
顕微鏡
本体寸法(高さ×横幅×奥行)
(約28cm×11.4cm×17cm)
写真:顕微鏡 無料 5日
フィールドスコープ
本体寸法(高さ×横幅×奥行)
(約28cm×11.4cm×17cm)
写真:フィールドスコープ 無料 5日
蜂の防護服
つなぎ服、フード、手袋、ブーツ
写真:蜂の防護服 無料 3日

貸出しの対象者

 市内に住所を有する個人か団体、および市内で事業を営む方。ただし、営利目的に使用する場合は対象外となります。


貸出し手続き

 「環境機器貸出申込書」を環境政策課に提出してください。また、その際に前項の貸し出し対象者の要件を満たすことを確認できる書類など(健康保険証、運転免許証等)を提示してください。

誓約事項

  1. 他に譲渡し、転貸し、または担保に供しないこと。
  2. 使用後は清掃し、清潔を保ち、返却すること。
  3. 故意または過失により環境機器を破損し、または紛失したときは、その損害を賠償すること。
  4. 営利目的に使用しないこと。
  5. 電源用電池などの消耗品については、すべて負担すること。

関連情報