環境基準と調査結果

[環境基準]大気


ここから本文です。

大気の環境基準

 大気の環境基準は、環境基本法第16条第1項により「人の健康を保護し、及び生活環境を保全するうえで維持されることが望ましい基準」として下表のように定められています。

大気汚染に係る環境基準

左右にフリックすると表がスライドします。

物質環境上の条件
二酸化硫黄1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること。
一酸化炭素1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ、1時間値の8時間平均値が20ppm以下であること。
浮遊粒子状物質1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3以下であること。
二酸化窒素1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること。
光化学オキシダント1時間値が0.06ppm以下であること。
ジクロロメタン1年平均値が0.15mg/m3以下であること。
微小粒子状物質(PM2.5)1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。
ベンゼン1年平均値が0.003mg/m3以下であること。
トリクロロエチレン1年平均値が0.2mg/m3以下であること。
テトラクロロエチレン1年平均値が0.2mg/m3以下であること。

三重県の大気汚染に係る環境保全目標

二酸化窒素年平均値が0.02ppm以下であること
二酸化硫黄年平均値が0.017ppm以下であること