環境基準と調査結果

[環境基準]水質


ここから本文です。

水質の環境基準

 水質汚濁に係る環境基準は、環境基本法第16条第1項により「人の健康を保護し、及び生活環境を保全するうえで維持されることが望ましい基準」として定められており、人の健康の保護に関する環境基準(健康項目)と生活環境の保全に関する環境基準(生活環境項目)の二つがあります。

 健康項目については、公共用水域一律に定められており、生活環境項目については、河川ごとに利用目的に応じた水域類型(三重県が指定する)を設けてそれぞれの基準値を定めています。

表1 人の健康の保護に関する環境基準

左右にフリックすると表がスライドします。

項目基準値
カドミウム0.003mg/l以下
全シアン検出されないこと
0.01mg/l以下
六価クロム0.05mg/l以下
砒素0.01mg/l以下
総水銀0.0005mg/l以下
アルキル水銀検出されないこと
PCB検出されないこと
四塩化炭素0.002mg/l以下
ジクロロメタン0.02mg/l以下
1,2-ジクロロエタン0.004mg/l以下
1,1-ジクロロエチレン0.1mg/l以下
シス-1,2-ジクロロエチレン0.04mg/l以下
1,1,1-トリクロロエタン1mg/l以下
1,1,2-トリクロロエタン0.006mg/l以下
トリクロロエチレン0.03mg/l以下
テトラクロロエチレン0.01mg/l以下
1,3-ジクロロプロペン0.002mg/l以下
チウラム0.006mg/l以下
シマジン0.003mg/l以下
チオベンカルブ0.02mg/l以下
ベンゼン0.01mg/l以下
セレン0.01mg/l以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素10mg/l以下
ふっ素0.8mg/l以下
ほう素1mg/l以下
1,4-ジオキサン0.05mg/l以下

河川(湖沼を除く)の環境保全に関する環境基準

左右にフリックすると表がスライドします。

項目

種類
利用目的の適応性基準値
水素イオン
濃度
(PH)
生物化学的
酸素要求量
(BOD)
浮遊物質量
(SS)
溶存酸素量
(DO)
大腸菌群数
AA水道1級
自然環境保全及び
A以下の欄に掲げるもの
6.5以上

8.5以下
1mg/l
以下
25mg/l
以下
7.5mg/l
以上
50mpn
/100ml以下
A水道2級・水産1級
水浴及びB以下の
欄に掲げるもの
6.5以上

8.5以下
2mg/l
以下
25mg/l
以下
7.5mg/l
以上
1,000mpn
/100ml以下
B水道3級
水産2級及びC以下の
欄に掲げるもの
6.5以上

8.5以下
3mg/l
以下
25mg/l
以下
5mg/l
以上
5,000mpn
/100ml以下
C水産3級
工業用水1級及び
D以下の欄に掲げるもの
6.5以上

8.5以下
5mg/l
以下
50mg/l
以下
5mg/l
以上
D工業用水2級
農業用水及び
Eの欄に掲げるもの
6.0以上

8.5以下
8mg/l
以下
100mg/l
以下
2mg/l
以上
E工業用水3級
環境保全
6.0以上

8.5以下
10mg/l
以下
ごみ等の浮
遊が認めら
れないこと
2mg/l
以上

左右にフリックすると表がスライドします。

(注)1.自然環境保全自然探勝等の環境保全
 2.水道1級ろ過等による簡易な浄水操作を行うもの
  水道2級沈殿ろ過等による通常の浄水操作を行うもの
  水道3級前処理等を伴う高度の浄水操作を行うもの
 3.水産1級ヤマメ、イワナ等貧腐水性水域の水産生物用ならびに水産2級及び水産3級の水産生物用
  水産2級サケ科魚類及びアユ等貧腐水性水域の水産生物用及び水産3級の水産生物用
  水産3級コイ、フナ等、β-中腐水性水域の水産生物用
 4.工業用水1級沈殿等による通常の浄水操作を行うもの
  工業用水2級薬品注入等による高度の浄水操作を行うもの
  工業用水3級特殊な浄水操作を行うもの
 5.環境保全国民の日常生活(沿岸の遊歩等を含む)において不快感を生じない限度

表3 鈴鹿市の河川と環境基準の適用類型

左右にフリックすると表がスライドします。

適用類型河川名基準点
環境基準AA類型安楽川和泉橋
鈴鹿川鈴国橋
環境基準A類型鈴鹿川高岡橋
環境基準B類型中の川木鎌橋
環境基準C類型金沢川千代崎樋門
類型指定なしそのほかの河川
  • ※詳しい適用類型につきましては、以下の三重県のホームページをご覧ください。