計画・財政・施策

平成24年度〜平成27年度の行財政改革

担当:行政経営課(Tel 059-382-9005 Fax 059-382-9040)

ここから本文です。

鈴鹿市行財政改革大綱

 本市は、その時々の社会情勢を反映した課題に対し、行財政改革としてこれまで事業費の削減、組織の統廃合、NPM(ニューパブリックマネジメント)の導入、市民協働などに取り組み、一定の成果をあげてきました。

 しかし、本市を取り巻く外部環境、国の財政状況、人口減少社会・超高齢社会などの影響によって、これまで以上に厳しい財政状況の見通しなどが示される中、総合計画に定めた行政サービスを計画的に提供していくためには、基礎自治体としての自己決定と自己責任に基づく行政経営、すなわち「自治力」の高い市政を充実強化していくことが不可欠となっています。

 そして「自治力」の高い市政を実現するためにどのように行財政改革を進めていくかという改革の方向性を鈴鹿市行財政改革大綱に定め、平成24年度から平成27年度を推進期間として行財政改革に取り組んでいきます。

鈴鹿市行財政改革大綱の内容

鈴鹿市行財政改革アクションプラン

 本プランは、上記の鈴鹿市行財政改革大綱に基づき、平成24年度から平成27年度にかけてトップマネジメントによって推進する取組の行動計画として策定し、鈴鹿市行財政改革推進本部による管理又は組織横断的な推進体制が必要な取組を「財政改革分野」、「人材育成改革分野」、「仕組み改革分野」の改革分野ごとに掲載しています。

鈴鹿市行財政改革アクションプランの内容

鈴鹿市行財政改革アクションプランの実績など

 平成24年度〜平成27年度に推進した鈴鹿市行財政改革アクションプランについて、内部評価及び外部評価を踏まえ、本部長が行った最終的かつ全体的な総括です。

 平成24年度〜平成27年度に推進した鈴鹿市行財政改革アクションプランの各取組の実績です(取組ごとの個別総括はこちらに掲載しています)。

  • ※平成28年8月9日に開催しました鈴鹿市行財政改革推進委員会で使用したものから、委員の意見(文体の統一及び機構改革に伴う表記の読み替え)を踏まえ、一部表記を修正し、最終版としたものです。

鈴鹿市行財政改革推進委員会

 鈴鹿市行財政改革推進委員会は、5人の有識者等からなる外部委員で構成され、鈴鹿市行財政改革アクションプランの策定やその進捗状況について提言・評価を行います。

鈴鹿市行財政改革推進委員会の会議録(概要)