福祉

●●●障害者差別解消法に基づく職員対応要領

担当:障がい福祉課

 平成28年4月1日から障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)が施行されたことに伴い、本市では同法第10条第1項の規定に基づき「職員の対応に関する要領」を策定し、差別のない共生社会を目指します。なお、市職員には、本市が設置する学校の職員も含みます。

障害者差別解消法 鈴鹿市職員対応要領(PDF)
障害者差別解消法 鈴鹿市職員対応要領(ルビ入り)(PDF)
学校(園)における合理的配慮の具体例(PDF)
学校(園)における合理的配慮の具体例(ルビ入り)(PDF)

●関連リンク
障害を理由とする差別の解消の推進(内閣府ホームページ)