道路・河川

●●●道路の認定


 認定した道路とは、市が整備や直接維持管理する、「道路法の適用を受ける道路」のことです。市内の道路網の整備を図り、市内および市外との交通の向上と公共の福祉を増進することを目的として、原則として年2回(9月・3月)、市議会の議決を経て認定されます。
 皆さんがよく利用している生活道路(私道)で市の道路認定基準に合うものは、市道として認定することができます。これには申請が必要で、道路の幅が4m以上などの基準や敷地の寄附などの条件があります。
(写真:市議会議場での議案審議) (写真:建設水道常任委員会での議案審議)
市議会議場での議案審議 建設水道常任委員会での
議案審議
〔市道データ〕
項  目 総  計
総延長(m) 1,786,766.8
重用延長(m) 12,993.0
未供用延長(m) 13,140.1
実延長(m) 1,760,633.7
道路面積(道路構成別内訳) 道路敷(m2 8,985,809.9
道路部(m2 8,129,110.2
車道(m2 5,886,322.2
中央帯(m2 6,973.9
歩道等設置内訳 歩道等設置道路延長(m) 106,046.3
歩道等面積(m2 436,201.6
路線数 6,143
未舗装道内訳 砂利(m) 263,548.6
防塵(m) 7,018.1
舗装道内訳 セメント系(m) 12,916.5
高級アスファルト(m) 32,207.1
簡易アスファルト(m) 1,444,943.4
※調査年月日は、平成20年4月1日現在
※「道路現況台帳」数値を使用

●鈴鹿市道路認定基準に関する要綱

申請書書式 市道路線認定要望書

▼関連リンク
鈴鹿建設事務所管理施設概要

問い合わせ:土木総務課