新名神高速道路・(仮称)鈴鹿PAスマートIC

連結許可書の伝達式が行われました(平成24年5月8日)


 土木総務課 Tel059-382-9021 Fax059-382-7612

ここから本文です。

写真:連結許可書の伝達式が行われました

平成24年4月27日(金曜日)に鈴鹿市役所において、「新名神高速道路(仮称)鈴鹿PAスマートインターチェンジ」の連結許可書の伝達式が行われました。

 鈴鹿市では、「新名神高速道路」を身近に活用し、地域の活性化につなげたいとの思いで、平成20年度からスマートインターチェンジの設置に向けて、事業に取り組んできました。

 このたび、前田国土交通大臣より本市に対し、既に本線と同時に設置が決まっている(仮称)鈴鹿パーキングエリアへの連結許可(平成24年4月17日付け)が下りたことから、許可書が伝達されました。

 伝達式当日は、沿線地域の代表者や地元有識者、道路整備を進める民間団体などの関係者(9名)が見守るなか、国土交通省北勢国道事務所(濱地所長)から末松市長に、許可書が手渡されました。

 伝達後、あいさつに立った国土交通省三重河川国道事務所(森本所長)は、「より魅力ある地域づくりに役立ててほしい」と述べられ、それを受けて末松市長は「西部地区のみならず市全域の発展につなげたい」と答えました。

 また、沿線地域の代表からは、「東名阪自動車道」の恒常的な渋滞対策に「新名神高速道路」の一日も早い開通を望んでいるとのあいさつが述べられました。

(仮称)鈴鹿PAスマートICの計画概要

  1. 連結する道路:新名神高速道路(近畿自動車道名古屋神戸線)
  2. 連結位置:鈴鹿市山本町 地内
  3. 連結市道:鈴鹿市道山本65号線
  4. 運用形態:フルインター形式
  5. 利用方向:全方向(上下線ともに出入り可能)
  6. 運用時間:24時間
  7. 対応車種:ETC車載器を搭載した全車種