計画・財政・施策

コミュニティバス

問い合わせ 都市計画課

ここから本文です。

 市では、高齢化率が高く、市街地にも遠い西部地域で、コミュニティバス(C-BUS椿・平田線および庄内・神戸線)の実証運行を平成11年度から平成16年度までの約5年間で行いました。平成16年度には実証運行事業の評価を行い、その結果、平成17年度以降も継続的に運行しています。
 また、南部地域においても、白子・平田線、太陽の街・平田線の2路線を、平成17年度から平成22年度までの実証運行を経て平成23年度以降本格運行を行っております。

C-BUSは、鈴鹿市のコミュニティバスの愛称で、Community(共同社会)、City(市)、Civil(市民の)の頭文字「C」から付けました。