情報公開・個人情報保護

●●●情報公開制度について


鈴鹿市情報公開条例とは?
鈴鹿市情報公開条例とは、 市民の皆さんの求めに応じて市が保有する公文書を公開する制度です。 これは、市民の皆さんの市政に対する理解と信頼を深め、開かれた市政を一層推進することを目的とするものです。
また、同条例を受けて、鈴鹿市情報公開条例施行規則では、公開請求書や決定通知書の様式などを規定しています。
  1. 情報公開制度のあらまし
    制度について、簡単な説明をします。請求書様式もこちらからダウンロードできます。

  2. 鈴鹿市情報公開条例・施行規則

  3. 情報公開制度実施状況
     平成27年度(平成27年4月1日〜平成28年3月31日)の請求についての実施状況です。
     鈴鹿市情報公開条例は平成14年4月から、改正後の条例が施行されています。従前の請求権が広義の市民だけであったのに対し、「何人」でも請求できるようになりました。また、決裁、供覧がなくても組織共用の状態であれば公開請求の対象になりました。
    1. 公文書公開請求状況
    2. 公文書公開の処理状況
    3. 不服申立ての状況
    4. 出資法人の情報公開状況
総務課
 総務課は情報公開制度の案内窓口です。市が作成した行政資料などの情報提供サービスも行っています。