個人情報保護制度

個人情報の開示、訂正および利用停止等請求の状況


ここから本文です。

開示、訂正および利用停止等請求の件数

 平成29年度における個人情報の開示、訂正および利用停止等の請求件数は、開示請求が23件、利用停止等請求および訂正請求はありませんでした(表2)。

 また、請求者の内訳は表3のとおりです。

表2 開示等請求の内訳(件数)

左右にフリックすると表がスライドします。

 請求取下げ
開示請求23023
訂正請求000
利用停止等請求000
23023

表3 請求者の内訳(件数)

左右にフリックすると表がスライドします。

 本人法定代理人任意代理人遺族等(死者の個人情報)
開示請求21101
訂正請求0000
利用停止等請求0000
  • ※取下げを含んだ件数です。

開示請求の処理状況

 平成29年度における個人情報の開示請求23件に対する決定件数は24件で、処理状況は表4、表5のとおりです。なお、開示率は100.0%、全部開示率は50.0%でした。

  • ※開示率=(開示+部分開示)÷(開示+部分開示+不開示+存否応答拒否)×100
  • ※全部開示率=開示÷(開示+部分開示+不開示+存否応答拒否)×100

表4 月別請求等状況

左右にフリックすると表がスライドします。

請求月請求(件)取下げ(件)決定(件)写しの交付(面)
4月20227
5月1012
6月1010
7月3037
8月2020
9月3032
10月4040
11月30349
12月0000
1月2032
2月20218
3月0000
23024107

表5 実施機関別決定の内訳

左右にフリックすると表がスライドします。

実施機関部局開示部分開示不開示存否応答拒否不存在その他不開示
市長危機管理部0000000
政策経営部0000000
総務部2000103
地域振興部27004013
文化スポーツ部0000000
環境部0000000
子ども政策部0000000
健康福祉部2000002
産業振興部0000000
土木部0100001
都市整備部2000002
会計課0000000
消防本部0100001
小計89005022
教育委員会0000101
選挙管理委員会0000000
公平委員会0000000
監査委員0000000
農業委員会1000001
固定資産評価審査委員会0000000
上下水道事業管理者0000000
議会0000000
99006024
  • ※不開示は、条例第16条各号該当を理由とする不開示決定です。
  • ※その他不開示は、条例第42条第1項(他制度適用)または第59条の2(適用除外)該当を理由とする不開示決定、不適法な請求を理由とする不開示決定(却下)です。

不開示等理由別内訳

 部分開示、不開示または存否応答拒否決定の理由別延べ件数は、表6のとおりです。1件の決定で複数の理由をあげている場合があり、表5の件数とは一致しません。

表6 不開示等理由別内訳

左右にフリックすると表がスライドします。

不開示理由部分開示不開示存否応答拒否延べ件数比
法令秘情報(1号)00000.0%
第三者の個人情報(2号)800880.0%
法人等情報(3号)200220.0%
公共安全情報(4号)00000.0%
審議検討情報(5号)00000.0%
事務事業情報(6号)00000.0%
評価等情報(7号)00000.0%
未成年者等情報(8号)00000.0%
100010100.0%
  • ※( )内号数は条例第16条第1項の号数です。

口頭による開示請求

 条例第25条の規定により、試験等の結果など実施機関があらかじめ定めた個人情報を請求書によらず口頭で開示請求できる制度です。

表7 口頭による開示請求件数

左右にフリックすると表がスライドします。

実施機関 試験等の名称 開示した内容 件数
市長 人事課 平成30年度採用鈴鹿市職員採用試験
(一次試験)
消防以外の職種:種目別の得点、種目別の順位、総合得点および総合順位
消防:種目別の得点、種目別の順位、総合得点、総合順位および体力測定の適否
34
平成30年度採用鈴鹿市職員採用試験
(二次試験)
種目別の得点、種目別の順位、総合得点および総合順位 30
平成30年度採用鈴鹿市職員採用試験
(三次試験)
種目別の得点、種目別の順位、総合得点および総合順位 17
平成30年度採用鈴鹿市嘱託職員採用試験(二次試験) 種目別の得点、種目別の順位、総合得点および総合順位 1
合計     82

訂正請求の処理状況

 平成29年度においては、表2のとおり訂正の請求はありません。

利用停止等請求の処理状況

 平成29年度においては、表2のとおり利用停止などの請求はありません。