名誉市民

杉本龍造


ここから本文です。

写真:杉本龍造氏

名誉市民になられた日

 昭和57年12月1日

生年月日

 大正2年1月8日

没年月日

 平成9年2月10日(享年84歳)

略歴

昭和17年6月河芸郡神戸町議会議員
昭和18年2月鈴鹿市議会議員
昭和21年7月鈴鹿市長
昭和32年5月三重県市長会会長
昭和45年6月全国市長会副会長
昭和46年7月全国市長会相談役
昭和50年4月鈴鹿市長退任
昭和55年10月三重県教育委員長

功績

 昭和21年7月、当時全国一若い33歳という年齢で第2代鈴鹿市長に就任。その後、昭和50年4月までの29年間にわたり本市の発展のために尽くされました。「みどりの生産都市」をめざして、全国に先駆けて「工場設置奨励条例」を制定するなど、画期的な施策を打ち出し、広大な軍事施設跡地に次々と大企業を誘致することに成功しました。また、教育、福祉、農業などにも手腕を発揮し、本市の繁栄の礎を築かれました。

表彰など

昭和38年11月藍綬褒章
昭和42年11月自治大臣表彰
昭和47年6月全国市長会特別表彰
昭和50年11月三重県民功労者表彰
昭和62年4月勲三等旭日中綬章
平成4年10月自治大臣表彰