鈴鹿市の歴史

昭和58年?平成4年/市制50周年


ここから本文です。

前の歴史へ次の歴史へ

S583.18人口が16万人に達する
4.1市立桜島小学校新設
(財)鈴鹿市事業管理公社設立
県立稲生高等学校新設
4.15鈴鹿市伝統産業会館開館
伝統産業会館
12.21鈴鹿市開発公社解散
S594.1市立明生小学校新設
市立創徳中学校新設
白子コミュニティセンター、オープン
10.25鈴鹿地域職業訓練センター、オープン
S604.1市立清和小学校新設
4.5鈴鹿市斎苑新設
7.1非核平和都市を宣言
10.2鈴鹿市清掃センター新設
S611.1鈴鹿市民憲章制定
3.8鈴亀農業共済事務組合設立
3.28鈴鹿市第2次総合計画策定
4.3鈴が谷厚生センター、運動広場オープン
5.28佐佐木信綱資料館開館
S623.27伊勢鉄道営業開始
4.1神戸コミュニティセンター、オープン
5.1衣斐賢譲氏が市長に就任
第四代衣斐賢譲市長

昭和62年に選任された第四代市長。はつらつとした若さで、鈴鹿市の活性化と国際交流都市の実現に力を注いだ。

9.1鼓ヶ浦サン・スポーツランド、オープン
9.4鈴鹿市武道館開館
12.1市制45周年記念式典
市の木に「けやき」、市の花に「さつき」を制定
S633.20鈴鹿市国際都市構想策定
4.24鈴鹿市文化会館開館
10.1クリーンセンター稼働
10.8三重県鈴鹿庁舎完成
11.18人口17万人に達する
H元6.1鈴鹿国際交流協会発足
12.1服部高顯氏に名誉市民の称号を贈る
服部高顯氏

杉本元市長に次いで、2人目の鈴鹿市名誉市民の称号が贈られた服部氏は鈴鹿市白子に生まれ、司法一筋に歩み、最高裁判所長官を務められた方で鈴鹿市の誇り。

H24.1消防西分署を設置
5.27ル・マン市と「友好協力協定書」に調印
12.1本田宗一郎氏に、名誉市民の称号を贈る
本田宗一郎氏

世界のホンダ、そして国際レースも開催される「鈴鹿サーキット」の生みの親として鈴鹿市民に特に親しまれ、3人目の鈴鹿市名誉市民の称号が贈られた。平成3年8月に逝去された。

H33.20第3次鈴鹿市総合計画策定
4.1鈴鹿医療科学技術大学開校
市立郡山小学校新設
8.7アメリカ・ベルフォンテン市と「友好協定書」に調印
H45.20鈴鹿市のマスコットキャラクターの愛称を公募、「ベルディ」に決定
6.27鈴鹿市出身の大黒屋光太夫が主人公の、故井上靖氏原作の日ロ協力映画「おろしや国酔夢譚」が公開される
12.1市制50周年記念式典を市民会館にて開催

前の歴史へ次の歴史へ