鈴鹿市の歴史

●●●昭和28年〜37年


前の歴史へ 次の歴史へ

S28 9.26
台風13号の来襲。災害救助法発動。
S29 8.1
河芸郡の3か村(栄、天名、合川)が、編入合併される。

12.1
亀山市井田川地区の一部か゛、編入合併される。

12.16
新市庁舎落成。



新市庁舎が落成

終戦による人口の流入と、誘致工場の建設など躍進途上にあった鈴鹿市では、振興都市にふさわしい庁舎の建設が懸案となっていた。
そこで、昭和28年から2か年の継続事業として地上三階の総合庁舎を建設し 昭和29年12月に完成した。


S32 1.1
駐在員制度を廃止し自治会を設立。支所は出張所に改称。

4.1
市立幼稚園が9地区に新設される。



中央公民館新設。

4.15
鈴鹿郡三鈴村の内(大字山本、椿一宮、大久保、小岐須、小社、岸田、花川、下大久保)が編入合併。椿・久間田出張所が開設される。

5.5
境界変更の住民投票。

6.15
住民投票の結果により、鈴峰村の1部が編入合併、また市内小岐須町、小社町が分離、鈴峰村へ編入。

12.1
市制15周年記念式典。
S33 3.31
市立養老院「南山荘」新設。

8.26
市営火葬場新設。
S34 3.25
労働会館新設。

8.14
台風7号により災害救助法発動。

9.27
台風15号(伊勢湾台風)により災害救助法発動。

10.1
市消防署設置。

10.5
天皇ご名代として皇太子殿下が台風被害者見舞いのため来市される。



皇太子殿下
台風被災者見舞に来市

伊勢湾台風後の10月5日、 皇太子殿下は天皇陛下の名代として、 被災者のお見舞いのために 来市された。
当時、電通学園には1300人余の被災者が避難中で、 殿下は陛下のお見舞いの言葉を伝えられるとともに、被災者にお慰めの言葉をかけられた。


S35 6.1
市国民健康保険実施。

9.16
財団法人鈴鹿市開発公社設立。

10.1
拠出制国民年金実施
S36 4.12
市営じん芥焼却場新設。

11.3
市立稲生小学校が日本一健康優良校に選定される。
S37 3.15
交通安全都市宣言。

4.1
国立鈴鹿工業高等専門学校新設。

12.1
市制20周年記念式典。

前の歴史へ 次の歴史へ