鈴鹿市の歴史

昭和21年〜27年


ここから本文です。

前の歴史へ次の歴史へ

S216.8奥田茂造氏が市長退任
7.3杉本龍造氏が市長就任
第二代杉本龍造市長

奥田市長の辞任により、第二代市長に任命された官選の市長で、当時34歳の杉本氏は、全国一の若い市長として注目を浴びた。翌年、公職選挙法が施行され市長選挙に立候補し、無投票のまま公選市長として就任。昭和50年の勇退まで、官選1年を含めて七期(28年)29年もの長期にわたり在任。大企業誘致に成功し鈴鹿市の繁栄を築き上げ、昭和57年、鈴鹿市名誉市民第一号に推挙された。

S229.12市の上水道事業開始
S243.1国鉄(現JR)鈴鹿駅開設
5.21鈴鹿電気通信学園新設
7.1市立伝染病舎及び鈴鹿赤十字病院開設
10.20市消防本部設置
S253.24鈴鹿税務署新設
8.26鈴鹿逓信病院開設
12.1市工場設置奨励条例公布(全国最初)
S2611.21昭和天皇が、本市に行幸される
天皇陛下鈴鹿市行幸

昭和26年、隣接の楠町から天皇陛下を鈴鹿市にお迎えし、農業試験場、電気通信学園をご視察の後、市奉迎場で市民の歓迎を受けられました。

12.4国土総合開発調査地域に指定される
S275.12市営と場新設
11.1市教育委員会設置
12.1市制10周年記念

前の歴史へ次の歴史へ