Suzukaものづくり企業情報検索

●●●株式会社フジクラ鈴鹿事業所


業種 輸送用等機械器具、鉄鋼、非鉄金属、金属製品
会社名 株式会社フジクラ鈴鹿事業所
フリガナ フジクラスズカジギョウショ
事業所所在地 郵便番号 510-0226
住所 鈴鹿市岸岡町1800
電話番号 059-386-1111
FAX 059-386-1115
会社URL/HPアドレス http://www.fujikura.co.jp/
Eメールアドレス 記載なし
本社所在地 郵便番号 135-8512
住所 東京都江東区木場1-5-1
研究所所在地 郵便番号 記載なし
住所 記載なし
名称 記載なし
代表者名 本社代表者名 取締役社長 長浜 洋一
事業所代表者名 事業所長 中澤  明
設立年月日 本社 明治43年3月18日
事業所 昭和45年
資本金 530億円
売上高 5,090億円
会社沿革 明治18年 絹・綿巻線の製造開始
明治26年 日本で初めてゴム被覆線の製造開始
明治34年 藤倉電線護謨合名会社を設立
明治43年 電気事業拡大のため「藤倉電線株式会社」設立(電線事業を分離して設立)
大正5年 熔銅・展延・製線作業開始
昭和8年 鈴木工作所(現スズキ技研)設立
昭和43年 霞が関ビルへの本社事務所移転
昭和45年 鈴鹿工場建設
昭和50年 日本電信電話公社、古河電工、住友電工、当社間で光ファイバ共同研究協定締結
昭和52年 本社事務所を霞が関ビルから五反田藤倉ビル(地上9階、地下1階)に移転
昭和59年 タイにフジクラタイランド社を設立
昭和63年 PCTT社、DDKタイランド社、フジクラヨーロッパ社設立
平成元年 東北フジクラ、青森フジクラ、フジクラエンジニアリングタイランド社、LTEC社設立
平成2年 シスコム設立
平成4年 富津工場完成、社名を「フジクラ」に変更、田中重信、9代目社長に就任
平成7年 フジクラ(マレーシア)社設立
平成13年 FESL社設立
平成15年 中国統括会社 藤倉貿易(上海)設立
平成17年 大橋一彦、11代目社長に就任、古河電工と電力合弁会社のビスキャス設立、三菱電線と合弁会社「フジクラ・ダイヤケーブル」設立、アメリカフジクラ社設立
平成18年 スペインACE社の株式60%を取得
平成19年 イットリウム系酸化化合物超電導線材、世界記録更新
事業概要、事業所の特徴・PR、営業内容 明治18年の創業以来、電線ケーブルの製造を続けています。平成4年に電線ケーブル以外の製品が増えてきたため、社名を藤倉電線からフジクラへ変更しました。現在では、電子電装部品や情報通信関連製品など、総合メーカーとして脱却を図りつつあります。
従業員数 総従業員数 2585人
(男女比) 記載なし
事業所従業員数 230人
(男女比) 男211人:女19人
外国人雇用者数 0人
就業時間 8時00分〜16時45分
(休憩60分)
従業者の休日 年間121日
子育てへの配慮等 育児休業制度有り
(休業、短時間勤務、時間外労働の免除など)
福利厚生施設 社員食堂
直営保養所
社員クラブハウス
グラウンド
研究者の数 記載なし
主な機器設備 記載なし
貴社のコア技術 記載なし
知的財産の有無
有の場合:内容 記載なし
知的財産に関する考え方(褒賞など) 社内規定により譲渡補償、登録補償、実績補償および有力特許出願報奨の各制度有り
国・県の助成金・補助金・委託費に採択された開発テーマの有無 有・無
有の場合:内容 記載なし