• ホーム
  • よくある質問
  • [税の申告]年金や介護保険料は、いろいろな通知が送られてきます。どれを見て申告すればよいですか

よくある質問

●●●[税の申告]年金や介護保険料は、いろいろな通知が送られてきます。どれを見て申告すればよいですか


年金や介護保険料は、いろいろな通知が送られてきます。どれを見て申告すればよいですか (質問No.713)

 申告書には、1月から12月までの1年間の合計額を記入します。
 公的年金等の収入は「公的年金等の源泉徴収票」に1月から12月までの支払い金額が記載されていますので、必ず源泉徴収票で確認してください。振込額の通知や金額の変更通知では1年間の合計が把握できません。

 国民健康保険税や介護保険料、後期高齢者医療保険料については、納付済額のお知らせや納付済額通知書などで、支払った金額を確認してください。金額の決定通知や変更通知では1月から12月までに支払った金額が把握できません。
 また、納付済額のお知らせや納付済額通知書などに記載されている「特別徴収」の分は、年金から天引きされたものです。「公的年金等の源泉徴収票」の社会保険料に含まれています。重複して申告することはできません。「普通徴収」の分は年金天引き以外の分ですので、天引き分と合計して申告することができます。

このページに関するお問い合わせは市民税課