• ホーム
  • よくある質問
  • [市民税・県民税]所得税で適用された控除額と、市民税・県民税で適用された控除額が違います

よくある質問

●●●[市民税・県民税]所得税で適用された控除額と、市民税・県民税で適用された控除額が違います


所得税で適用された控除額と、市民税・県民税で適用された控除額が違います (質問No.701)

 生命保険料控除、扶養控除など市民税・県民税の控除額の多くは、所得税に比べて低く設定されています。
 市民税・県民税は、地域社会の費用をその住民がその能力に応じて広く負担するという性格を持っており、広い範囲の住民に負担を求めるしくみになっているためです。

例:基礎控除 所得税38万円  市民税・県民税33万円

このページに関するお問い合わせは市民税課