• ホーム
  • よくある質問
  • [医療給付]鈴鹿市へ転入しますが、福祉医療費(子ども、一人親家庭等、障がい者)の申請手続きでは、どのような書類が必要ですか

よくある質問

●●●[医療給付]鈴鹿市へ転入しますが、福祉医療費(子ども、一人親家庭等、障がい者)の申請手続きでは、どのような書類が必要ですか


鈴鹿市へ転入しますが、福祉医療費(子ども、一人親家庭等、障がい者)の申請手続きでは、どのような書類が必要ですか (質問No.650)

対象者が加入している健康保険証、通帳、認印、所得課税証明、個人番号の確認ができるもの(対象者、扶養義務者の個人番号通知カードなど)、申請者の本人確認ができるもの(運転免許証など)が必要です。
また、これら書類の他に、障がい者の方は障害者手帳など、一人親の方は戸籍(全部事項証明書)が必要な場合があります。
なお、一人親の方で児童扶養手当を申請する方は、戸籍の提出を省略することができます。

■所得課税証明とは、1月から12月までの所得金額と課税額及び各種控除の内容が分かる証明書です。
原則、1月1日時点、住民登録があった市区町村で発行されます。ただし、一部例外もあります。お取り寄せていただく証明期間(年)は、申請する時期により異なり、1月から8月までに申請される方は、前年度(前前年中の所得)のものとなり、9月から12月に申請する方は、当該年度(前年中の所得)の証明が必要となります。

■所得課税証明が必要な方は、申請していただく区分により異なります。
   障がい者で申請する方は、本人と扶養義務者の方のもの。
   一人親で申請する方は、本人と扶養義務者の方のもの。
   子どもで申請する方は、保護者の方(父母両方)のもの。
なお、税法上で配偶者控除を受けていることが分かる方は、その方の所得課税証明の提出を省略することができます。

詳しくは関連ページをご覧ください。
 
関連ページ
■福祉

このページに関するお問い合わせは保険年金課