よくある質問

●●●[建築・住宅]景観法に基づく届出は、どのようなときに必要でしょうか


景観法に基づく届出は、どのようなときに必要でしょうか (質問No.629)

一定の規模以上の建築物の建築・工作物の設置・土石の採取・物件の堆積など、周囲の景観に影響を及ぼすと考えられる工事などを行う場合は、あらかじめ景観法に基づく届出が必要です。
手続きをスムーズに進めるため、届出書を提出する前に、条例で定める事前相談申出書を提出していただいております。事前相談の申出及び届出は、都市計画課窓口(本館9階・窓口番号96)で受付しています。詳しくは都市計画課(tel 059-382-9024)へお問い合わせください。
 
関連ページ
■景観計画に基づく届出制度
■届出が必要な行為

このページに関するお問い合わせは都市計画課