よくある質問

●●●[固定資産税]どうして家屋の立入り調査が必要なのですか


どうして家屋の立入り調査が必要なのですか (質問No.588)

家屋の税額のもとになる評価額は、屋根、外壁、各部屋の内装などに使われている資材や設備の状況などがどのように施工されているかによって算定するものであり、調査によって施工状況を確認します。
購入価格が評価額の計算のもとになる制度であれば、家屋調査をする必要はありませんが、現在の制度は、評価する家屋を再度建てた場合に必要とされる適正な価格を計算するもので、家屋調査は適正な評価額を算定する上で欠かせないものです。ご理解とご協力をお願いいたします。
              
なお、家屋調査は、例年6月以降に実施しています。ご希望の日時がありましたら、資産税課家屋グループ(tel 059-382-9007)へご連絡ください。

このページに関するお問い合わせは資産税課