• ホーム
  • よくある質問
  • [固定資産税]地価の下落によって土地の評価額が下がっているのに税額が上がるのはなぜですか

よくある質問

●●●[固定資産税]地価の下落によって土地の評価額が下がっているのに税額が上がるのはなぜですか


地価の下落によって土地の評価額が下がっているのに税額が上がるのはなぜですか (質問No.582)

土地に係る固定資産税は、評価額が急激に上昇した場合であっても、税負担の上昇はゆるやかなものになるよう、課税標準額を徐々に是正する負担調整措置が講じられています。
地価が下落する中で税負担が上昇する土地は、本来の課税標準額に比べて現在の課税標準額が低いため、負担調整措置により本来の課税標準額に向けた是正過程にあるものです。したがって、課税の公平の観点からやむを得ないものと考えられます。
 
関連ページ
■土地の評価と税額の関係(評価が下がっているのに税額が上がる理由)

このページに関するお問い合わせは資産税課