よくある質問

●●●[文化財]遺跡(埋蔵文化財)の発掘費用は誰が負担するのですか


遺跡(埋蔵文化財)の発掘費用は誰が負担するのですか (質問No.472)

原則的には、範囲確認・確認調査などは市が、発掘調査などは開発事業者側が負担することになります。
一口に遺跡の調査といっても、目的などに応じて、様々な種類があります。

■分布調査
遺物の散布状況や地形的状況などを把握するため、現地を歩いて確認する調査です。

■範囲確認調査
遺跡が存在する可能性がある場所を部分的に試し掘りし、地下の状況などを調査します。

■発掘調査(本調査)
遺跡の全域または開発工事区域の全域を発掘します。

これらの調査のうち、分布調査と範囲確認調査については、原則的に市が費用負担します。遺跡の分布状況やその内容などを把握することは、市の責任であるためです。
発掘調査の費用については、原則的に開発事業者側が負担します。開発工事などによって遺跡を壊すことは、開発事業者側の都合によるもので、遺跡を記録保存する責任があるためです。
ただし、個人の住宅を建てる場合の発掘調査については、鈴鹿市で費用を負担しています。

このページに関するお問い合わせは文化財課