よくある質問

●●●[法律相談]相続について相談したいのですが


相続について相談したいのですが (質問No.426)

相続の第一順位は子と配偶者、第二順位は直系尊属と配偶者、第三順位は兄弟姉妹と配偶者です。配偶者は常に相続人となります。
被相続人の子が相続開始以前に死亡しているときは、その者の子(孫)が相続人となります(代襲相続)。子も孫もいない場合は、第二順位の父母や祖父母になりますが、親等の近い者が優先するので父母が相続人になります。子や孫や第二順位の相続人もいない場合は、第三順位の兄弟姉妹となります。
また、遺言書があればまず遺言書が優先されます。
遺言書がなければ、民法で決められている財産を相続できる順位と割合に基づいて相続人の間で話し合いの上、遺産分割をします。相続人の間で協議が整わない場合は、津の家庭裁判所に調停を申し立てることになります。
内容によって、次のような専門家による相談をお勧めします。予約は市民対話課(tel 059-382-9004)で受け付けます。

■相続全般について
 弁護士、司法書士、公証人による相談
■登記について
 司法書士による相談
■遺言、公正証書について
 公証人による相談

公正証書による遺言書の作成は、津合同公証役場(tel 059-228-9373)または四日市公証役場(tel 059-353-3394)で行っています。事前に問い合わせてください。
 
関連ページ
■総合相談
■法律相談
■相談カレンダー 

このページに関するお問い合わせは市民対話課