よくある質問

●●●[交通安全]道路に標識や横断歩道をつけて欲しいのですが


道路に標識や横断歩道をつけて欲しいのですが (質問No.307)

 道路標識は案内標識,警戒標識,規制標識および指示標識の4種類に大別されます。
 その中で,案内標識と警戒標識は道路管理者が設置管理し,規制標識と指示標識は一部を除き公安委員会(警察)が設置管理します。
 道路の規制標識と指示標識の設置や横断歩道の敷設要望につきましては,いろいろなご意見がありますので,地域の合意を得たうえで,地元自治会長から地区市民センター経由で交通安全施設要望書に必要事項を記入し,申請先を鈴鹿警察署長宛にして交通防犯課へ提出してください。
 なお,市道の案内標識と警戒標識の要望は,鈴鹿市で現地調査のうえ,設置を検討します。
 それ以外の場合,県道の案内標識と警戒標識の要望は三重県鈴鹿建設事務所長へ,規制標識と指示標識であれば鈴鹿警察署経由で公安委員会(警察)へ進達させていただきます。

【標識の種類】
■案内標識(道路保全課)
地名や方面などを案内する標識(一般道路は青色,高速道路などは緑色)
■警戒標識(交通防犯課)
カーブや踏切など危険個所の警告や注意のための標識(黄色)
■規制標識(公安委員会【警察】)
駐車禁止や一旦停止などの禁止事項を示す標識(主に赤色)
■指示標識(公安委員会【警察】)
特定の交通方法や道路交通上決められた場所などを指示する標識(主に青色)
 
 
関連ページ
■三重県警察のページ

このページに関するお問い合わせは道路保全課交通防犯課