よくある質問

●●●[上水道]浴槽・洗面台・流し台など水周りが変色してきました


浴槽・洗面台・流し台など水周りが変色してきました (質問No.301)

給湯器などの管に銅管を使用している場合、微量の銅が溶け出すことがあります。この溶け出した銅は、石けんや湯あかに含まれている脂肪酸と反応して銅石けんをつくり、これが浴槽などについて青くなることがあります。対策としては、石けんや湯あかが残らないように、こまめにお手入れをすることが大切です。
また、水道水には塩素消毒がされていますので細菌はいませんが、洗面台、流し台など水滴や水が溜まりやすいところに、空気中の雑菌(細菌やかび)が付着し、繁殖しやすくなっています。これらの雑菌のなかには、繁殖にともなって着色することがあります。着色した部分を水でよく洗ってください。熱湯や漂白剤で洗うと殺菌力がありますので、再繁殖を防ぐことができます。
ただし、浄化槽がある場合は、漂白剤の使用には注意してください。浄化機能を損なう恐れがあります。湿気が多いと雑菌が繁殖しやすい条件になりますので、換気等に注意して水まわりを清潔に保ってください。

このページに関するお問い合わせは水道施設課