よくある質問

●●●[農林水産業]農業者年金はどういう人が入れるのですか


農業者年金はどういう人が入れるのですか (質問No.208)

加入の要件は、「60歳未満」の「国民年金の第1号被保険者(保険料納付免除者でないこと)」で「年間60日以上農業に従事する」という要件を満たせば誰でも加入できます。
保険料は月額2万円を基本としています。
また、意欲ある担い手(認定農業者等)には政策支援(保険料の国庫補助)があります。その場合、将来受給要件を満たしたときに、特例付加年金を受給することとなります。
農業者年金制度は平成14年4月1日に抜本的改正が行われ、他の公的年金と同様の「農業者の老後生活の安定・福祉の向上」の目的とともに、農業政策上の目的を併せ持つ制度です。
農業者年金についてのご相談は農業委員会事務局で行なっています。
なお、独立行政法人 農業者年金基金ではホームページを開設し、農業者年金新旧両制度の説明や主な届出書などの様式をお知らせしています。
 
関連ページ
■独立行政法人 農業者年金基金のページ

このページに関するお問い合わせは農業委員会事務局