防災レポート

若松小学校津波避難施設完成式

2017年01月21日(土)

 若松小学校津波避難施設の完成式を行いました。事業目的としましては、津波避難ビルである若松小学校の屋上を避難場所として活用するための設備を設置しました。

 主な設備の内容は、震度5弱以上の揺れで自動的に扉が開く地震自動解除キーボックスの設置、校舎の3階及び屋上への避難の為の外付け階段、屋上には転落防止フェンスの設置でございます。さらに、高齢者や障がい者の方が支援者とともに安全に避難できるよう階段の有効幅員を広めにとり勾配についても緩やかなものを採用しました。

若松地区の自治会長様を初め完成式に参加をいただいた方皆さまに屋上まで実際に上っていただくことができました。

体育館では、大地震に対する備え、お家の中での家具固定の講話をさせていただき、過去に起こった地震の映像を見ていただきました。

 最後にお寒い中,完成式に参加をいただきありがとうございました。