防災レポート

鈴鹿医療科学大学防災研修

2016年09月12日(月)

 鈴鹿医療科学大学の教職員の方々を対象に、防災研修を行いました。

 阪神・淡路大震災や東日本大震災の事例を紹介し、木造住宅の耐震補強や家具転倒防止の重要性について講話しました。また、避難時、注意すべき点や、自助・共助の大切さをお話させていただきました。

 講話の内容で驚きの声が上がることもあり、最後まで熱心に聴講していただきました。防災意識の高さが伺えました。今後も更なる意識の向上を期待しています。