防災レポート

矢橋町自治会 防災研修会

2016年08月28日(日)

 緊急避難所に指定されている矢橋公民館を会場として、防災講話を実施しました。

 はじめに、大雨に対する備え方を伝えたところ、台風10号が接近していることもあり、自治会員の皆様は真剣に耳を傾けていました。
また、鈴鹿市では、ビニール袋を利用した「水のう」の作成方法を収録した動画を公開していることから、こちらの動画に関する情報提供も行いました。

 その後は、地震に対する備え方を中心に講話しました。
講話中に行う数問のクイズでは自治会員の皆様が積極的に参加していただいたことから、自治会員同士の強い信頼関係を垣間見ることができました。

 平常時における信頼関係は災害時においても大変重要となってきます。
このような関係が続き、共助の体制がより強固になることが望まれます。