防災レポート

栄地区総合防災訓練

2015年05月10日(日)

天栄中学校で栄地区総合防災訓練が開催され、栄地区の各自治会、消防団、小中学生などたくさんの方々が参加しました。

体育館では、家具固定の実演や災害時に役立つグッズの紹介、液状化現象の実験などのコーナーがあり、液状化現象の実験コーナーでは、箱に入れた砂に水をしみ込ませ、揺らすことによって、実際に液状化現象を起こす実験をしました。
液状化現象とは、地震の激しい揺れにより、地盤が沈み込んだり、砂や地下水が地面から噴出したりする現象で、大きな河川や海岸沿い、池や沼、田んぼを埋め立てた場所など、地下水が豊富な砂などの地盤で起こりやすいと言われています。

参加者は自分の地域が液状化現象の起きやすい場所かどうか液状化マップで確認したり、液状化実験を体験したり、熱心に参加していました。