防災レポート

白鳥中学校 状況付与訓練

2015年04月23日(木)

鈴鹿青少年センターで集団宿泊学習を行っていた白鳥中学校1年生を対象に、防災研修会を行いました。

 地震発生後次々と変化していく状況を踏まえて、どのような行動が出来、何をすべきなのか皆さんで真剣に話し合っていました。家族の安否確認の方法では、「メッセージアプリを使えば良いんじゃない?」という若い世代ならではの意見も出されました。

 実際に災害が起こったときの対応だけでなく、懐中電灯の場所を確認しておく、災害時の集合場所について家族と話しておく等日常においての災害への備えが大切であるということを学んで頂けたかと思います。
今回の研修を受けて終わりではなく、今後も災害に対する意識をしっかりと持ち続けて欲しいと思います。