防災レポート

新春ユニオンフェスタ(本田技研労働組合鈴鹿支部)

2015年01月18日(日)

 本田技研鈴鹿製作所において、防災啓発車による地震体験を実施しました。

 地震から身を守る「だんご虫のポーズ」を三重県の啓発員に指導してもらい、揺れ始めると大人も子供も体をだんご虫のように丸くして身を守りました。家族連れの方が多く、家族で防災について考えていただく良い機会になったと思います。

 備蓄や避難等について考えることも非常に重要ですが、地震で倒壊してくる家屋や家具から自らの命を守ることは何よりも大切です。

 阪神淡路大震災からちょうど20年が経ちました。阪神淡路大震災では、犠牲になられた方の70%以上が建物の倒壊等に伴う窒息や圧死により亡くなりました。このような過去の災害を教訓として、かけがえのない命を守るためにどのような対策ができるのか、これからも市民の皆さんに継続してお伝えしていきたいと思います。