防災レポート

平成26年度鈴鹿市防災講演会

2014年11月05日(水)

 東日本大震災の被災地である石巻市の総務部次長であり、内閣府中央防災会議災害対策標準化ワーキンググループ委員でもある二上洋介さんと,株式会社ミライロ代表取締役社長 垣内俊哉さんを講師にお迎えして,リレー形式で防災講演会を開催しました。
 会場となった鈴鹿市文化会館には129名の方が来場し、熱心に聴いていただきました。

 二上さんの講演では、被災時の状況を,実体験をされた方ならではの表現でお話いただきました。特に,車で避難した結果多くの人が亡くなった状況が,GPSデータにおいて図示されるとみなさんが見入っていました。
 第二部の垣内さんの講演では,バリアフリーという言葉が日本ならではのものであるという説明から始まり,災害時要援護者に対して,どのような支援が必要であるかを知ろうとすることが大切であると,お話いただきました。
 また,さつきプラザ,屋外スペースでは,消防資機材の展示,車椅子体験,災害協定企業の展示などが行われ,多くの人でにぎわっていました。

 今回の講演会アンケートでは,多くの方が新しい気づきが得られたと回答していただきました。 今後も少しでもみなさんの防災意識が向上できるよう,色々な視点で情報を提供していきたいと思います。