防災レポート

若松公民館かけはし事業 防災講座

2014年09月21日(日)

 若松公民館運営委員会主催のかけはし事業で防災講座を実施しました。
 若松公民館や若松小学校は収容避難所になっていますが、津波の浸水が予測される地域のため、浸水区域外の千代崎中学校まで逃げることを前提に避難訓練を行いました。
 途中で踏み切りに止められたり、レンガ造りの歩道が歩き辛かったりするなかで、普段から避難経路の安全性を確認することの大切さに気づいていただけたのではないでしょうか。

 災害はいつ起こるかわかりません。災害に強いまちづくりは、町の実情を知っている住民の皆さんの助け合いが第一です。
 日頃から公民館行事などの仲間づくりを通して、防災・減災の声掛けを行いましょう。