防災レポート

土のう作製訓練

2014年06月24日(火)

 三重県建設業協会鈴鹿支部と市役所職員で、大雨などに備えて土のう作製訓練を行いました。

 作製してできた土のうは、各地区市民センター等へ配備し、既に配備したものを点検して必要に応じ補修しました。これらを使用して、公共施設や道路・水路の被害を減らすことが目的のひとつです。

 台風は進行経路や接近する時間が予測できるので,情報に注視して市民の皆様にも備えていただきたいと思いました。