防災レポート

新規採用職員への防災研修

2014年04月03日(木)

 平成26年度新規採用職員に対して防災研修を行いました。
 研修では、地震体験車で震度7クラスの大きな揺れを体験し、地震が起こった時には身動きが取れないということを体感してもらいました。その後の講話では、これから市職員として市民の皆さんを守る立場となるので、そのためにもまずは自分の命を自分で守る取り組みをすることが大切であることを知ってもらいました。
 状況付与訓練では、実際の災害時をイメージして何ができるかを話し合いました。イメージができれば対策も講じることができます。それぞれの部署に配属される職員がすべての業務が防災と関わることを知ることで防災意識を高め、鈴鹿市の防災力がさらに強化されることを期待したいと思います。