防災レポート

野町団地自治会 状況付与訓練(第二回目)

2014年02月09日(日)

 野町団地自治会では、5日に続いて、メンバーを入れ替えて、第二回目の状況付与訓練が行われました。
 日曜日ということもあり、たくさんの方が参加され、前回と同様に活発な意見が出されました。

 訓練内には、地震発生時、またその直後の行動はどうするか?という問いに対して出された意見として、「怖くて・・・、暗くて・・・何もできない。」という率直な意見が出ました。当然、地震直後は不安や動揺、さらにケガをしていることも考えられます。その中で、いかに落ち着いて自助・共助の行動に移せるか、普段からの備えとして、自分の身は自分で、家族の身は家族で守れるような地震対策を考えておくことが望まれます。