防災レポート

白子渚町自治会 防災ふれあいまつり

2014年02月02日(日)

 白子地区渚町自治会で、防災をテーマに「ふれあいまつり」が開催されました。
 小雨が降るあいにくの天候でしたが、子どもや保護者、老人会も参加し、様々な立場で自治会活動に参画していたのが印象的でした。薪を使ってのポリ袋炊飯やサランラップやゴミ袋を使用した防災アイテム作製など、幼児でも「防災」に関われる内容になっていました。

 液状化実験や起震装置「ぶるる」を使用しての耐震対策の説明には、大人、子どもに関係なく、「納得印」をいただきました。今後は、それらの「災い」に対して、必要となる対策を家庭や地域でしっかり進めていくことが大切です。