防災レポート

石薬師北町・本町・中町・南町自治会合同防災教室

2013年12月01日(日)

 石薬師小学校で石薬師北町・本町・中町・南町自治会合同防災教室が開催され、地震体験車とAED講習を行いました。
 地震体験車で阪神淡路大震災の震度7を体験した後、心臓マッサージやAED機器の取扱方法、毛布と竹竿を代用した担架づくりや、なにも道具がない場合の搬送方法を学びました。
 災害は規模が大きくなればなるほど、消防などの救助隊が即座に細部に行き渡ることが難しくなります。突然の災害によって、ケガや病気で不安を抱える人にとっては、家族や近隣住民など顔見知りの声掛けや励ましが精神的な支えとなります。
 限られた資材や時間のなかで、一刻を争いながら救急・救助活動を行うためには、日ごろから機器の使い方に慣れておくことや、その場にあるものを代用する応用力が必要です。
 地域住民の力を合わせて、自分たちのまちでは被害を出さない、大きくしない、という思いをひとつにしていくことが重要です。