防災レポート

白子地区自治会連合会 防災訓練

2013年11月17日(日)

 白子地区自治会連合会が主催する防災訓練が、白子小学校を会場として実施されました。白子地区は、白子、江島、寺家、旭が丘の4つブロックに大別されます。津波による浸水が予測される地域もあれば、それらの地域からの避難住民が集まってくる地域もあります。また、古くからの集落もあれば、新興住宅もあり、住宅が密集している地域もあります。
 地震や津波は自然現象ですが、地震や津波によって、建物が倒壊したり、火災が発生したりすることによって災害は発生します。
 災害は、それぞれの地域特性によって、その備え方は変わります。今日の訓練が、今後様々な地域で実施される訓練へとつながっていくことが望まれます。