防災レポート

箕田第一自主防災隊 防災訓練

2013年09月22日(日)

 箕田小学校を会場として、箕田第一自主防災隊の防災訓練が実施されました。
天候にも恵まれた今回の訓練は箕田地区の全地域が参加しており、地域主体となる防災訓練としても大規模なものでした。
 内容としては、避難訓練から開始され自主防災隊や分団による放水訓練等、大規模災害時において要となる、自助・共助の部分を重視した訓練となっており、地域住民の防災意識の高さに触れることができました。

 地震は10年、100年、1,000年と大きな間隔で発生することから、一世代では防災意識が繋がらないと言われております。
そのような中で子供からお年寄りまで全世代が参加する防災訓練が実施されることは、この地域にとって大きな防災力の向上となると我々は考えます。