防災レポート

おかあさんとお子さんの防災

2013年09月13日(金)

 未就園児とお母さんを対象とした防災研修会を石薬師公民館で実施しました。
 小さい子どもを対象に、地震や津波等、災害を伝えるということは、その言葉を理解させるという点からも難しいところがあります。
 しかし、幼少期から学齢期という子どもたちの最も大切な成長の過程において、段階的に防災に触れることで、「自分の身は、自分で守る」という基本が身につくものだと考えています。
 災害は、いつ、どこで発生するかわかりません。その時に備えて、今日から家庭で対策をはじめることが大切です。