防災レポート

旭が丘公民館 ふれあいセミナー防災講座

2013年08月20日(火)

 旭が丘公民館のふれあいセミナーで防災講座を行いました。
 大地震が起きたとき生き残るためにはどのようなことに気をつけなければいけないのか、今日からでもできることは何なのかを考えました。
 家庭内、お隣りさん、町内へと自助・共助の輪が広がっていくためには、まずは自分の命を自分で守らなければなりません。今回、参加されたほとんどの方が津波の浸水予想地域外の住まいであり、だからこそ避難者を受け入れる側としての対策が求められます。
 自分たちのまちは、助けられるのではなく助ける側になれるよう、地域でできる活動を考えていきましょう。