防災レポート

南旭が丘三丁目 子ども防災訓練

2013年07月24日(水)

 ラジオ体操を終えた子どもや保護者を対象に防災訓練が実施されました。
 朝から雨が降り出すあいにくの天気でしたが、ラジオ体操を終えた子どもたちは元気に食事を済ませ、地震体験や地域の地図を使用した図上訓練に熱心に参加していたのが印象的でした。

 今回訓練を実施した南旭が丘三丁目自治会は、市街化が進む地域にありながら、自治会長等の熱心な働きかけにより、防災を軸とした地域活動が活発に実施されています。

 災害時における飲料水の確保やトイレの問題等、過去の災害時には問題とならなった事柄も、生活様式の変化や地域のつながりの希薄化によって、近年では対応が必要になっています。
 今一度、私たちの生活や地域活動を見つめ直すことで、自分でできること、地域でできることを把握し、世代を超えて防災風土を築いていくことが求められます。