防災レポート

桜島町南自治会 防災研修会

2013年06月23日(日)

 桜島町集会所を会場として、桜島町南自治会の防災研修会を実施しました。

 本日は自治会側からの研修会に関する要望で、家具固定に関する具体的な方法などを例で示しながら講話をさせていただきました。
東南海地震では震源が陸側に近いこともあり、大きな揺れが発生し家具の転倒等による負傷率が高くなることが予想されております。
また、会場となった桜島町集会所は地元の緊急避難所として指定されており、平成23年には耐震補強工事を実施し、地震災害発生時において地域住民による救助活動の拠点となります。
このことから、家具固定の徹底により少しでも負傷率を減らし、救助・救出活動に参加できる体制を構築することは、災害発生時において非常に重要な備えとなります。

 本日の研修会で、個人の備えは地域の備えに繋がるという認識を、地域全体で共有していただくきっかけとなったのではないでしょうか。