防災レポート

(一社)三重県建築士事務所協会鈴鹿支部総会への出席

2013年04月26日(金)

 一般社団法人建築士事務所協会鈴鹿支部の総会へ出席しました。
 総会へ出席されている方は、市が実施する無料の耐震診断を行っている建築士の皆さんです。
 市職員も参加し、平成25年度における耐震化補助事業の説明や防災講話を実施しました。

 阪神・淡路大震災にて多数倒壊した旧耐震基準の木造住宅の耐震化を図る事は、地震災害時において効果的な減災対策であり、津波発生時においても住宅の安全を確保することにより早急な避難行動へと繋がるという内容の講話を行いました。出席者の皆さんは真剣な表情で耳を傾け、その後の質疑応答においても活発に意見が交わされました。
 鈴鹿市で、無料耐震診断からその後の補強工事や除却工事へ繋がる割合が、県内においても高いのは、このように診断士の皆さんが事業に対し真剣に取り組み、また、市民の方へ補助制度等の説明をされている結果であるのではないでしょうか。

 これからも官民が一体となって継続的に耐震化事業を推進していくことが大切だと考えています。


※ 市が実施する耐震関連事業についてはページ内の耐震診断・補強のすすめをご覧ください。