防災レポート

鈴鹿中学校・高等学校 地震避難訓練

2013年04月16日(火)

 鈴鹿中学校・高等学校で、地震からの避難をテーマに訓練が実施されました。緊急地震速報音が流れた際には、机の下等で安全を確保し、その後屋外への避難が行われました。
 その後、体育館で実施しました防災研修では、近い将来発生が予想される東海地震、東南海・南海地震等の巨大災害から命を守ることをテーマに講話を行いました。また、前段で実施されました避難訓練時の行動や負傷者の搬送方法についても、課題を提起し、検証を行いました。
 今後、進学や就職で生まれ育った土地とは違う所に住むことも予想される生徒に対して、それぞれの土地に潜むハザード情報を把握し、行動するという、防災意識をもった行動を呼びかけていくことは、世代をこえて鈴鹿市の防災力を向上させる上でも重要だと考えています。