お知らせ

内水ハザードマップを8月5日に全戸配布します

2014年8月1日

 近年、全国各地において、集中豪雨やゲリラ豪雨により、道路冠水や家屋などへの浸水被害が発生しています。
そのため、過去の「内水氾濫」によって、家屋の浸水被害が発生した地域を浸水実績箇所としてマップに表しました。また、マップには、水害に対する備えや、いざという時の行動、市の発令する避難情報の入手方法など、浸水被害を最小にするための基本的な情報も掲載しています。
 市民の皆さまに、大雨や浸水被害に対する防災意識を高めていただけるよう、全戸に配布いたします。

◆内容
平成元年以降に発生した「内水氾濫」による浸水箇所図、内水氾濫の発生特性、大雨に備えた浸水対策、緊急時の対応、防災気象情報、避難情報の種類、情報収集手段等。

◆配布時期
平成26年8月5日(火曜日)から(広報すずか8月5号とあわせて配布)。

◆配布方法等
全戸配布を行うとともに、鈴鹿市役所本館1階ロビー、防災危機管理課、河川雨水対策課、各地区市民センター窓口で配布します。